年度末の胡蝶蘭ギフト需要



ベイサイドフラワー

 年間を通じて胡蝶蘭ギフトの需要が一番盛り上がるのは何といっても年度末です。
 社長就任、栄転、移転…などビジネス上のイベントが一番集中する時期です。
 また、退職、卒業などのライフイベントも重なります。
 2016年度末も胡蝶蘭需要、大変盛り上がりました。 
 
 
 今回は、2016年度末の実績を紹介します。
 今年度末も他の月に比べ、胡蝶蘭ギフトの注文が集中しました。
 
 当店も3月28日ごろから、4月3日までのお届け量に黄信号が点灯し、
 3月31日には生産者からも配送量の限界を迎えてしまったとの連絡を受け
 やむなく注文の受付を終了させていただきました。
 
 胡蝶蘭の在庫が品薄になることも原因の一つですが、
 一番の理由は配送作業のキャパシティが限界を迎えてしまうためです。
 
 ご希望に添えなかったお客様には、ご迷惑をおかけしましたが
 何卒ご理解いただければと思います。 
 
オフィスに飾られる胡蝶蘭

 また、胡蝶蘭などのフラワーギフトを贈った「目的」についても
 少し調べてみました。 

 第1位 移転・引越祝い21%
     開店・開業祝い21%
  ・・・年間を通じて高いシェアの2つがやはりトップでした。

 第2位 栄転・就任祝い16%
  ・・・今年度は社長就任関係でのお祝いが良く目に付きました。

 第3位 周年祝い9%
  ・・・3月決算をもって○○周年!という会社が多いためでしょうか。
    
 その他、退職祝いや竣工祝いなども続いておりました。

 移転祝いに胡蝶蘭というのは定番ですが
 オフィス需要が高まると胡蝶蘭ギフトも活躍します。
 
 都内のオフィス需要も逼迫しているようで、人気のある物件だと
 提示賃料より更に高く提示しないと入居できないということもあるようです。
 
 
 新年度に入りましても引き続き、各種お祝い事が多い時期です。
 勢いそのままに5月の母の日、6月の株主総会に伴う役員就任と、
 胡蝶蘭の需要が延びる時期が続きます。
 
 高需要の時期でも出来る限りお客様のご要望にお応えできるよう
 当店スタッフ一同、張り切ってまいります。
 
 引き続き、当店を宜しくお願いいたします。
 
ベイサイドフラワー



コメントは受け付けていません。