リップの大輪系胡蝶蘭



ベイサイドフラワー

 胡蝶蘭の大輪系は「白い」というイメージが定着していますが、
 少し印象を変えてより華やかな感じを出すのにピッタリはお花の1つに
 「胡蝶蘭大輪リップ」があります。

 下の写真のような胡蝶蘭です。
胡蝶蘭大輪(紅白リップ)

 
 一般的な大輪系の胡蝶蘭は花びら全体が白いですが、
 こちらの「リップ」胡蝶蘭は、中央部分が鮮やかな色をしています。
 
 これにより、お花全体がぐっと高貴な感じになります。
 受け取られた方も白い胡蝶蘭が並んでいる中にリップ胡蝶蘭があると、
 「他とちょっと違うな」という印象を持っていただけるのではないでしょうか。
 
 お花を拡大するとこのような形です。
紅白リップの花

 周りの花びらは真っ白ですが、中央のリップ(唇弁)が鮮やかな「紅白リップ」です。
 「紅白」の響きも、なんとも縁起のよいお祝いムードを盛り上げます。
 
 
 唇弁の中には雄しべや雌しべといった、生命繁殖のために大切な機能がつまっています。
 多くのお花では、唇弁はもともと派手な色をしているそうです。
 
 これは、派手な色や見た目で虫や鳥を積極的におびき寄せ、
 受粉の手助けをしてもらうという理由が大きいようです。
 
 その特徴が品種改良により、人の目を楽しませる色合いや模様になっていると思うと
 なかなか興味深いものがありますね。
 
 
 贈り先の方の色などの好みや雰囲気に合った適切な感じのイメージが
 付かない場合、えてしてスタンダードな白の大輪胡蝶蘭が選ばれがちですが、
 好みなどをあまり気にしなくても選べる上、少し他のギフトとも差別化できる
 「リップ」の胡蝶蘭、おすすめです!

ベイサイドフラワー



コメントは受け付けていません。