世にも珍しい?黄色の大輪胡蝶蘭



ベイサイドフラワー

 胡蝶蘭の大輪系に「黄色」があるのはご存知でしょうか。
 一般的には白、リップ、ピンクです。色の付いた水を吸わせて青くしたり紫にしたり
 という細工はありますが、生来の色で「大輪の黄色」というのはとても珍しい品種です。

 こちらが黄色の大輪です。
胡蝶蘭大輪(黄色)

 展覧会で賞を何度もとったことのある品種です。花びらの薄い黄色と、
 リップの部分の濃い黄色で全体的に淡い黄色でどんなシーンにも馴染みやすい胡蝶蘭です。


 この胡蝶蘭が誕生したのは1つの偶然がきっかけです。
 胡蝶蘭の品種開発の作業として交配を行っていたところ、「突然変異」で誕生しました。

 白の大輪胡蝶蘭どうしを交配したところ、わずかに持っていた黄色の特性が前面に出て、
 黄色い胡蝶蘭が誕生してしまったのです。

 通常の交配の常識ではありえないことでした。胡蝶蘭の特徴は優勢、劣勢があり、
 大体交配によってどのような胡蝶蘭が誕生するかは見当がついています。
 黄色が生まれるというのは全くの予想外で、
 まさに「突然変異」としか言いようがなかったようです。

 生産者としては、宝くじに当たったような感覚で、せっかく誕生した胡蝶蘭、
 ということでそこからさらに品種改良を加えて「胡蝶蘭大輪 黄色」として
 商品化できるところまで漕ぎつけた、という歴史があります。

 最後にもう一度、アップでご覧ください!
胡蝶蘭大輪(黄色)

ベイサイドフラワー



コメントは受け付けていません。