洋ラン~カトレア(その2)



ベイサイドフラワー

 「カトレア」再登場です。ランの中では胡蝶蘭と並んで人気の高いカトレア。
 洋ランの代名詞とも言われますが、その鮮やかな色と、優雅さで「洋ランの女王」などとも
 言われています。特に女性に人気のカトレアですが、どんなお花なのでしょうか?

 まず、お花の大きさに注目です。品種もいろいろあって一概には言えませんが、
 商品として改良されてきた品種は相当見ごたえがあります。
洋ラン カトレア

 寄せ植えになっているとこのようにかなりのボリュームになります。
 このクラスの本数になると実物を見ると相当大きいです。

 当店で取り扱っているカトレアの色は大きく2系統あります。
 ピンク系の色が強いものと、パープル系の色が強いタイプとあります。
 それぞれ、時期やタイミングなどを見て良いほうを出荷するようにしています。

洋ラン カトレア

 カトレアの花命は胡蝶蘭に比べると短く、届いた状態で本当に見頃を保てるのは1週間くらい。
 その後は少しずつ花が落ちていきますが、もう1、2週間くらいは花を楽しむことができます。

 花が落ちると、ピンと立った葉が目立つようになります。
 状態が良いものほどハリがあってピンと立っているようです。

 カトレアの葉の下にある太い茎のような部分は「バルブ」と呼ばれており、
 この部分も太くてみずみずしい感じになっている時が良い状態のようです。

 良い状態の葉、バルブは観賞用にも適していると思えるような美しいシルエットです。
 花が落ちた後も、次に咲く花を期待して、しっかりと管理を続けてみてはどうでしょうか。

ベイサイドフラワー



コメントは受け付けていません。