幸せを届ける[愛]の花ギフト第3弾

幸せを届ける[愛]の花ギフト第3弾

フラワーバレンタインを逃してしまったあなた!
ホワイトデーがすぐそこまで来ておりますよ。
女性は、お花を貰えば必ず喜ぶもの。
是非、ホワイトデーに大切な方と素敵なひとときに、花ギフトを添えて過ごしてみてはいかかでしょう?

3月14日のホワイトデーはバレンタインのお返しに、感謝を込めて女性にプレゼントを贈る日。
女性へのアンケートで、もらって嬉しい品物の上位にお花は常にランクインされているようです。
義理チョコであっても、ホワイトデのーお返しはお花を贈ってみませんか?
本命の彼女や、奥さんにも素敵なお花を贈ってみませんか!

【ホワイトデーが「3月14日」になった由来】

ホワイトデーの由来は、バレンタインデーの後日談にあります。

ローマ帝国時代、兵士の婚姻が禁止されていた頃にバレンタインデーの源になった聖バレンタイン
(ウァレンティヌス司祭)は、結婚しようとした男女の婚礼を執り行いました。しかし、ローマ皇帝クラウディウスが出した「結婚禁止令にそむいた恋人を密かに結婚させたために」処刑されてしまい殉死したのです。こ、、、こわいですね。。。

その処刑された日が2月14日(バレンタインデー)。

ホワイトデーはそれからひと月後の3月14日、恋人たちが改めて永遠の愛を誓ったという
エピソードが基になっているといわれています。

 日本でのイベントとしてのホワイトデーの歴史は意外に浅く、昭和50年代頃にお菓子業界の広告によってはじまったようです。
その当時、日本でもバレンタインデーが定着しつつあり自然にお返しの風潮も生まれていました。
これをお菓子業界が新たな記念日にしようと提案したのです。
「いただきものにはお返しをする」という習慣のある日本では受け入れやすかったようで、バレンタインデーのアンサーデーとして浸透していきました。

 バレンタインの義理チョコでもホワイトデーには必ず、そのお返しをしましょう。
何をお返ししたら迷ってしまう。
チョコの価格がわからなくて何をどうしたら。。そんなあなたへ☆

ホワイトデーの贈り物に悩んだら、今年は花を贈ってみませんか。
女性にはホワイトデーに花というのはサプライズです。
多くの女性は、花の贈り物を喜ばれます。いつもと笑顔が違うはずですよ。きっと!
身近にいる大事な方への贈り物としてホワイトデーに花を贈ってみましょう。

3月は、桃の節句もあり、ホワイトデーと少しイベントが他の月より多いかもしれませんね?
そこでホワイトデーにおすすめの、お手頃で貰って嬉しい花ギフト。
あなたの思いを伝える特別な日にぴったりな商品をご用意いたしました。
大切な方と素敵なひとときに、当店の花ギフトを添えて是非、お過ごしください♪

やはり、まずおすすめな商品がこちら!
バレンタインデーの際にもお買い求めいただいたお客様もいらっしゃいました。

凛 ミディ胡蝶蘭小輪 ファーストラブ 1本立 価格:4,900円(税込)

清く上品な印象の美しい鉢にミディ胡蝶蘭がよく似合う、「凛」シリーズです。

花輪の中心から淡くピンク色が白色へと広がるファーストラブは、商品名からも「一番の愛」
ですからもうこれは、愛の贈り物にはおすすめしている商品でございます。
こちらの商品の器は、お洒落☆ お買い求めの際には色も黒か白かお選びいただけますよ?
※デザイン性の高い鉢を使用しておりますので、ラッピングはいたしかねますが、リボンをお付けすることが可能です。
さらに、鉢の色は黒と白がございます、ご希望がある場合は注文の際ご指定ください。

ミディ胡蝶蘭小輪カーリー 2本立 価格:6,600円(税込)
大輪、中大輪の胡蝶蘭に比べると、お花が小さく可愛らしい胡蝶蘭です。


サイズがコンパクトなので個人の方にも贈りやすいミディ小輪胡蝶蘭シリーズです。
花びらの少しグリーンの入った淡い黄色に、リップ(唇弁)の黄色が鮮やかな胡蝶蘭です。
元気が出る黄色のお花はお祝いはもちろん、お見舞いにも適しています。オフィスやお部屋が明るくなるでしょう。

春がそこまで近づいてきているからでしょうか?
最近、白ではなくほんのり色味がついたカーリーのような商品をお買い求めになられる方が増えてきたように感じます。
春色のカーリーもホワイトデーにはおすすめですよ。

コメントは受け付けていません。