春の移転・引越し祝いの安心した花贈り

春の移転・引越し祝いの安心した花贈り

4月は、新たな新生活や出発をスタートさせる息吹溢れる時期ですね。
オフィスなどの商売繁盛の証として、移転引越しが多い季節です。
お祝い先にお花を贈りたいけれど、何かマナーなどはあるのかしら?
いつまでに贈ったら?何を確認しておけば良いの?など気になることは様々。
そんな4月の会社や店舗の移転・引越し祝いのお花を贈る時には、お届けの日時のことでのお問い合わせが多いのが特徴です。
また、会社や店舗といっても、業種は様々です。より、最適な環境になるようお祝いして、より安心して相手先に喜ばれる花贈りができるように、マナーのポイントを少々お話したいと思います。

◆ポイント1 移転日を確認すること

移転・引越しのお祝いには、事前に「移転日」を把握しておくことが大切でしょう。
事前にお祝い先から、手紙やメール、FAXなどでの通知があることがありますから、よく確認して正確に把握しておきましょう。
また、適当に「早めがよいから」、「とりあえず」。のような思いつきでの行動で準備をしたり、移転日があいまいだと、受け取りができなかったり、お花は生ものですので、お花が枯れていたり、残念なことになり兼ねません。
ですから、特に会社の場合には、移転が全て終わり、新しい業務が移転先で始まったタイミングでお花を届けるようにしましょう。
店舗などの場合には移転オープン日に間に合うように手配するのが望ましいでしょう。移転オープン日当日は、来店されるお客様が沢山来られるため、なるべく控えるようにしましょう。

◆ポイント2 移転日前日が基本マナー

移転日前日が休業などの場合だと受け取りが確実ではありません。その場合は当日、もしくは受け取り可能な日がいつかなど可能であれば相手先に確認しておくことをおすすめしておきます。
当店では、最高品質のお花や観葉植物をお届けしております。
胡蝶蘭であれば、しっかりとしたお花の顔をそろえてあげる、人の手で行う作業「仕立て」を行い
丁寧に花弁に不織布やビニールで花弁がおちないよう梱包し、専用のお箱にいれてお届けいたします。
お花は裸で届きません。<
贈り先では沢山の花が届いていることと思います。贈り先では、並べる順番やスペースの確保等様々考えながら作業されることが想像できます。
移転の最終チェックをしていらっしゃる時間帯にお届けすれば、移転日当日の朝にはお花を並べることが出来ますので、お届けの日時は移転日前日までにお届けすることをお勧めいたします。
移転日前日が休業日の場合は、きっと段取りがよく、準備が終わって休業日になっている場合がございますので、お届け可能日時を確認しておくことが良いでしょう。お祝いはサプライズもよいですが、お電話でもお祝いの言葉をかけながら
確認すると良いと思います。大切なのは、お祝いを忘れずに、贈り、お祝い先の栄光と発展を願う心と、日ごろのお付き合いのコミュニケーションが大切ですね。

◆ポイント3 移転日を過ぎてしまった縁起の良い日に

移転日を過ぎてしまったので、可能であれば最短で送ってほしいといったご依頼が多数寄せられます。
移転日が過ぎてしまっている場合には、焦らずに「大安」や「友引」などのお日柄の良い日にち、縁起の良い日にちを選んでお届けをしてさしあげると、相手先様への配慮が感じられ、喜ばれる花贈りが出来ます。
移転日が過ぎてしまっている!そんなときはまずカレンダーを見て確認してみてくださいね。

移転・引越しにおすすめの商品☆ベストファイブ☆


☆1☆胡蝶蘭大輪(リップ)3本立 華(はな) 価格:22,400円(税込)

☆2☆観葉植物ベンジャミン スタンダードタイプ(バスケット付) 価格:19,300円(税込)

☆3☆胡蝶蘭大輪(白)3本立 雅(みやび) 価格:25,500円(税込)

☆4☆観葉植物幸福の木 スタンダードタイプ(バスケット付) 価格:19,300円(税込)

☆5☆ミディ胡蝶蘭おまかせMIX5本立て価格:21,600円(税込)

移転・引越し祝いといっても業種が様々です基本は前日までに贈ることがよいですが業種により移転日前後で様々内覧会やセレモニーなど開かれる場合いがあるので気をつけましょう。

<会社の移転の場合>
移転日前日のお届けが良いでしょう。
移転当日までにお花を飾る余裕が見込めるため、相手先のことを思えば前日までに
お届けすることが最適でしょう。
移転日前日が、休業の場合には一度先方に受け取りの有無の確認を行い、お届け日を決めるのが良いでしょう。

<飲食店の移転祝いの場合>
飲食店の場合も移転日前日が良いでしょう。
飲食店の特徴は、移転日当日は沢山の方が来店されるということです。
当日はなるべく避けましょう。
前日の午前中が、良いですが、飲食店などは午後から営業する店も少なくありません。
もし可能であれば、お祝い先に確認をとり、午前中が良いか、午後が良いか事前に確認をとられることをおすすめいたします。

<アパレル系店舗の移転祝いの場合>
アパレル業界も前日までにお届けが良いでしょう。
アパレル業界も、営業時間が午前中といっても10時以降に営業開始が多いです。
移転日当日はお客様がたくさん来店されますので、できる限り前日のお届けを強くおすすめいたします!
アパレル業界で特殊なのは内覧会があることが多いです。
内覧会のある場合には「内覧会前日の午前・午後」が良いでしょう。
しかし、かなりの忙しさのある現場かと思われます。事前に受け取り可能な日時を確認しておくことをおすすめいたします。ただ、内覧会が夜に行われる場合には、内覧会前日、もしくは当日の午前中をおすすめ致します。(夜間のお届けは、場合により夜間料金が発生すること場合があります)移転オープン当日はなるべく避けましょう。

<土木系の移転の場合>
移転日前日までのお届けが良いでしょう。
移転当日は、土木業の場合には、飲食店などとは違い、当日にお客様で沢山となることもないので比較的
当日でも問題ないですが、会社によって忙しさは様々です。受け取り可能日時の確認をしておくことをおすすめいたします

<工場の移転祝いの場合>
工場の移転祝いも前日までが良いでしょう。
工場などの場合には、当日にセーレミニーなどを行うことがございます。
当日の午前中にお届けしてもセレモニーの華やかに飾る彩りとして間に合うことだできません。
移転セレモニーなどが開催されるようであれば、必ず移転引越し前日までの手配を心がけましょう。

<医院などの移転祝いの場合>
医院などの場合も基本は前日までに。
医院などは移転日の当日は沢山の患者の来客があります。お届けした花などの対応をしている時間がない場合もあります
ので、できる限り、前日までの手配をいたしましょう。

このように、移転引越し祝いには、贈る基本的マナーが業種によってあります。
ただ、基本大切なことは、何度もとりあげている、移転引越し日の前日までにお届けすることです。

「人が定着する・活性化する」オフィスや店舗に!、また社会コミュニケーションを活性化させたい、業務の効率を向上したいなどのさまざまな企業、店舗様の願いに叶う移転引越しをお祝するお手伝いをさせていただきます。

コメントは受け付けていません。