栄転 就任 昇進お祝いで気をつけておきたいこと

社会人になったばかりの方や、既に社会経験の長い方々にとって
人事異動や体制変更などの経験があると思います。

家族だけでなく、上司や同僚、友人と、そして取引先の方の
「栄転」「就任」「昇進」の連絡を受けることがあるでしょう。
このような連絡を受けたときは、御祝いをすることがマナーです。
当店では、「栄転」「就任」「昇進」のお祝いにも贈り花をご用意しております。

ビジネスパーソンとして「栄転祝い」「就任祝い」「昇進祝い」など慶事の御祝いのマナーは
理解しておきたいものです。

御祝い花を贈る前に、ビジネスシーンでは御祝いされる方に一言言葉を添えるとし
この上記、御祝いの中でも「昇進」祝いでは「昇進」と「昇格」のマナーがあやふやになっている方も多いのではないでしょうか?
知っているようで知らない言葉ってありますよね?
長く、社会人をご経験されている方であれば、既に理解されているかもしれませんが、
誤った形でお祝いすると失礼になるので、ここできちんと言葉の意味を理解しておきましょう。

「昇進」

「昇進」とは会社のなかで「地位や役職があがる」ポジションがあがることを意味します。
例えば、あなたの会社である人が
課長から部長に社内のポジションが上がったとしましょう。
この場合は、その会社での地位や役職が上がったわけですから、
”昇進”を使うのが正しいわけです。
人事より、会社内に公表されるものなので、公に御祝いして問題ありません。
また、昇進の一方を受けた場合には、社内だけでなく、取引先である場合でも御祝いを贈ることが一般的マナーです。

「昇格」

「昇格」とは「等級や階級や資格があがる」という意味があります。
会社の中で設定された評価制度の中で、グレードがあがることを意味します。
昇格して、給料があがる場合が多いですが、ポジション自体が変わらないため、会社内では公表されません。
取引先にも報告する内容では決してないので注意しましょう。
また、昇格は、上記のように個人的な評価内でプライベートな話となるので、公にすることはマナーに反していますから、気をつけましょう。

上記のことから、一般的には「昇格」では御祝いはしません。

「栄転」

栄転は「昇進」と微妙に似ているのですが、部署や支店等を移動して役職などがUPすることを意味します。
そのため、昇進と同様、栄転も社内で人事で公表があり、一般的に御祝いするのがマナーとなります。
ただ、同じ部署や支店内であるならば「栄転」ではなく「昇進」になるため言葉使いには注意したほうが良いです。

もし会社員の方で、上司に対して

「あの人には”昇格”と”昇進”、どっちの言葉を使えばいいんだろう??」
と迷った場合には”昇進”を選ぶ事をお勧めします。

昇格 → “等級・階級・資格”が上がった時に使う言葉
昇進 → “地位・役職”が上がった時に使う言葉

上記の違いに気をつけましょう。


<お祝いはいくらがベスト?気になる平均予算>

一般的に、身内、社内、取引先であっても、「栄転」「就任」「昇進」祝いの相場は1,0000円~50,000円程度のようです。ただし、職場でのお祝いの場合、関係性が深い場合は個別に贈ることもありますが、基本的には、チームでお金を出し合ってお祝いを贈ることが一般的です。

そのため、複数人で送る際は、15,000円~25,000円のものをプレゼントされる場合が多いようです。

「職場 個人」(1,0000円~20,000円)

身近でお世話になっている先輩や後輩、そして同僚の場合、個別に贈られる方が多いそうです。

そこで当店でおすすめなのが、
サンクスポット ミディ胡蝶蘭 リップコース 価格:8,900円(税込)

「職場 チーム単位」(15,000円~30,000円)

職場内での関係者の御祝いの場合はチームや同僚同士で贈ることが一般的です。
だいたい一人あたり、1000~2000円ほどのものをプレゼントすることが多いようです。複数人で豪華で喜ばれる贈り物をするというメリットがありますね。

そこで当店でおすすめなのが、
胡蝶蘭大輪(白)3本立 優(ゆう) 価格:16,800円(税込)

「取引先」(20,000円~50,000円)

取引先の方の御祝いの場合、ビジネスとしてもつながりを深められることもあるため
仕事関係の取引先の場合は「20000~50000円」となっています。
代表に就任する場合や重役に昇進された場合などには、それ以上の相場となり、贈られるケースもあるようです。

そこで当店でおすすめなのが、
胡蝶蘭大輪(白)3本立 極(きわみ)価格:30,900円(税込)

栄転・就任祝いに贈り物をする場合は、正式な辞令が出たことを確認してから、なるべく早いうちに、遅くとも1週間以内に贈ります。
その際、到着は仏滅を避けるようにしましょう。
人づてに辞令の内容を聞いてお祝いを贈る、辞令の公布前にお祝いを贈るのはタブーです。

辞令の内容変更の可能性や、前任の方に大変失礼な行為となります。

是非、御祝いのマナーに気をつけながら、御祝いギフトを贈りましょう。

コメントは受け付けていません。