胡蝶蘭にまつわるブーケの由来

 
なぜ花嫁はブーケを持つのか

幸せが飛んでくるという、おめでたい花言葉を持つ胡蝶蘭は、その清楚な花の姿から、
花嫁が持つブーケにも胡蝶蘭は使われていたり、ヘッドドレス・髪飾りに胡蝶蘭があしらわれていたりします。
 
ところでなぜ花嫁はブーケを持つのかご存じですか?

ブーケ
 
その昔、ヨーロッパではプロポーズをする男性は自分で花を摘み、摘んだ花で、花束を作り女性へプレゼント。
プロポーズの返答として女性がブーケの中から1輪を選び出し、男性の胸元へ挿してあげるのがYESの印だったとか。

さすがヨーロッパ。とっても絵になるエピソード!
これが、結婚式のブーケとブートニアの由来と言われているそうです。
 
こういったお祝いに贈りたくなるのは純白の胡蝶蘭ではないでしょうか。
 
純白の胡蝶蘭と聞いて思い浮かぶシーンとは?
 
白い胡蝶蘭
 
純白の胡蝶蘭、真っ白い胡蝶蘭、などなど、結婚式やホテルのパーティーなど、お祝い事のそばにはいつも
白い胡蝶蘭が飾られている情景が浮かびませんか?

白は「始まりを感じさせる」「気分を一新する」「清潔な印象を与える」など、とてもポジティブな印象を与えます。
結婚式やパーティー以外にも、会社の新規開業祝いや新店舗の開店祝い、議員や政治家への当選祝いなど
エネルギッシュなお祝い事に欠かせないお花となっているんです。

そして、どんなお祝い事にも安心して贈ることができるカラーが白!純白の胡蝶蘭は、豪華で優美。
どのようなシーンにも安心して贈ることができる白い胡蝶蘭を選んでおけば間違いありません。

よく選ばれている白い胡蝶蘭を見る

胡蝶蘭の花言葉とともに、大切な方をお祝いしてくださいね!

コメントは受け付けていません。