胡蝶蘭が届いたら?「立札編」

いつまで立札を飾っておけばいいのかご存じですか?

いただいた胡蝶蘭には立札が立てられている場合が多いと思います。
立札はその花が誰から贈られたものなのか、示す役割があります。

でもこの立札、胡蝶蘭を貰った方はいつまで立札を飾っておけばいいのかご存じですか?

胡蝶蘭が届いたら?「立札編
 

目安は「1週間程度」

このぐらいの期間お花に立てて飾っておけば問題ないでしょう。
ではなぜ1週間程度でよいのでしょうか?

贈り主への気遣いを忘れずに

お花を飾っている期間ずっと一緒に飾っておきたくなる、そんな気持ちもわかりますが…
お花は生もののため、徐々に美しい姿からしぼんでいくものです。

胡蝶蘭は環境さえ良ければ、1か月から2か月程度綺麗に咲き続けますが、
例えばこれが開店祝いなどの場合、胡蝶蘭の他に、スタンド花や花束、アレンジメントなどもいただく場合がありますよね。
スタンド花やアレンジメントがきれいに保てる期間はせいぜい5日間くらい

傷んでしまったお花を立札を立てたままで飾ると、贈り主がわかるため、相手方のイメージダウンにもつながる恐れがあります。だからといってスタンドやアレンジメントを処分して、まだ綺麗に咲いている持ちの良い胡蝶蘭だけ立札付きで残すのは、生花を贈ってくれた方にも失礼ですよね。

よって、スタンドやアレンジメントを片付けるタイミングですべての立て札を取り外す方が良いでしょう。
なお、贈り主の来社、来訪日がわかっている場合には、その日まで立札を立ててお花を飾っておいたほうが喜んでくださることと思います。

コメントは受け付けていません。