観葉植物図鑑 ユッカ

勇壮な立ち振る舞いで人気の青年の木ユッカ

観葉植物図鑑 ユッカ

観葉植物ユッカ グラフ

勇壮な立ち振る舞いで人気の青年の木ユッカ

  ■学名:Yucca

  ■英名/和名:青年の木

  ■原産地:北~中央アメリカ

  ■科属:リュウゼツラン科イトラン属(ユッカ属)

観葉植物ユッカ セミスタンダードタイプ(バスケット付)観葉植物ユッカ スタンダードタイプ(バスケット付)

ユッカ 特徴ユッカは耐寒性があります。ユッカは細長く先が尖った葉っぱを上向きに生やすので、横向きに伸び続ける植物に比べて狭いスペースで育てられます。ユッカは男性的な印象の木の姿から、別名「青年の木」と呼ばれ、ドラセナ(幸福の木)に似た姿がとても美しく大変好まれます。象の脚のような太い幹に濃緑色の披針形の葉をつけます。垂れ下がる葉というよりは、ピンっと立ち上がった鋭い葉をつけているのが特徴的です。耐寒性も強いのと同じく、乾燥にも強いです。置き場所など気をつけてあげれば、とても育てやすい観葉植物です。耐寒性に強いので2 ~ 3 度あれば冬越しします。寒い場所に置く場合は霜などがおりないように気をつけましょう。

ユッカ 育て方育て方を間違えたユッカは葉が黄色く変色して枯れていきます。黄色く変色して枯れる原因は「日当たり」や「風通し」、「害虫」です。夏の強い日差しの直射日光などに長時間あてると、葉が黄色くなるので注意しましょう。ユッカは湿気に弱いので水を与えた後に、土が早く乾燥しないと根が腐って葉が枯れ、やがてユッカ本体が枯れてしまいます。
これは「根腐れ」といい、置き場所の日当たりや風通しが悪いことで起こります。
また、土が乾燥する前に水やりをするなど、水やりのしすぎも根腐れの原因になります。

ユッカ 置き場所 光
丈夫な植物のため、室内での鉢植えや屋外での庭植えをしても問題はありません。日があたる場所で管理しますが、ユッカは日陰でも育ちます。室内に置く場合はガラス越し、カーテン越しの日光によくあてましょう。 ユッカは光が足りないと生育不良になるので注意しましょう。

ユッカ 水管理

乾燥に強い植物です。春から秋は鉢土が乾いてきたら与え、冬は鉢土を乾かし気味に管理しましょう。

ユッカ 肥料
春から秋の生育期に緩効性化成肥料を2 か月に1 回与えると良いでしょう。

ユッカ 温度管理
室内での場合は3℃以下にはならない様に気をつけましょう。気温が10℃前後になるとゆっくり徐所に成育します。

ユッカ 病害虫に強い
春から秋に炭そ病が発生し、主に葉に径3 ~ 20mm 程度の褐色で円形の病斑ができやすいので注意しましょう。葉には、カイガラムシがつくこともあります。

ユッカ 植え替え時期
成育があまり早くないので、植え替えは3 ~ 4 年に1 回、4 月中旬から9 月中旬に行います。

植え替えや肥料の時期

観葉植物ユッカ セミスタンダードタイプ(バスケット付)観葉植物ユッカ スタンダードタイプ(バスケット付)
ユッカ豆知識
ユッカ豆知識北アメリカや中央アメリカが原産地、生息地になり、約50 種類の樹木などがこのユッカ属に含まれる。原産地の北アメリカでは、それらの、花びらや種や茎や根と、多くの部位を食用のお茶、煎じ薬として利用されていたようです。

また、葉や茎から取れる繊維は衣料や日用品に加工されたり、樹液などは洗剤として使われたり、人々の生活に利用されていたようです。さらに、アメリカでは、先住民族が砂漠に生育するユッカの原生種をいろいろな目的で使い、健康と生命を維待してくれる「霊薬」として重宝されてきた歴史もあるようです。

今日では一部の種は安全な食品添加物として認可もされているようです。このように、人々の生活に大いに活用され、人々を守ってきたユッカです。観葉植物としても人々に寄り添う植物としてとても心地よく感じられることでしょう

観葉植物図鑑