観葉植物図鑑 アレカヤシ

自然のBGMで癒しを与えるアレカヤシ

観葉植物図鑑 アレカヤシ

観葉植物アレカヤシ グラフ

自然のBGMで癒しを与えるアレカヤシ

  ■学名:Chrysalidocarpus

  ■英名/和名:Yellow butterfly palm/ コガネタケヤシ(黄金竹椰子)

  ■原産地:熱帯雨林気候地域のマダガスカル

  ■科属:ヤシ科クリサリドカルパス属の常緑中低木

観葉植物アレカヤシ セミスタンダードタイプ(バスケット付)観葉植物アレカヤシ スタンダードタイプ(バスケット付)

アレカヤシ 特徴マダガスカル原産でヤシ科の常緑小高木です。そのため暑さに強くて耐陰性もありますが、寒さには弱いです。乾燥に弱いので強風があたらないように。南国の木で明るい薄緑色の大きな羽状複葉が優雅で涼しさを演出します。室内では1mほどの手軽なサイズで育てられるので大変人気です。「黄色い蝶」とよばれます。。「元気」「勝利」の花言葉どおりアレカヤシはとても丈夫な観葉植物。アレカヤシは、「蒸散」(葉から水蒸気を出す)を行うため、マイナスイオンを多く放出することで大変有名な観葉植物です。また、葉の形からもわかるように、風になびくと葉が擦れあい、葉擦れの音がし、自然のBGM を奏でます。

アレカヤシ 育て方アレカヤシはとても丈夫な観葉植物なので比較的簡単です。水切れすると葉が茶色く枯れるので水は小まめに上げる必要があります。夏に良く成長するので水切れ、肥料切れに注意し、カーテン越しの明るい場所で管理しましょう。乾燥に弱いので強風があたらないように。

アレカヤシ 置き場所 光
4月中旬から10月中旬は、室内または外の日当たりの良い所に置きます。10月下旬から4月上旬は室内の日当たりの良いい窓辺に置きます。最低温度は5度以上で管理しましょう。

アレカヤシ 水管理
水切れすると葉が茶色く枯れるので水は小まめに上げる必要があります。観葉植物の中でも、大変水を好む植物です。胡蝶蘭と同じで土が乾いていたらお水をあげましょう。土が乾燥すると、葉が痛み始め黄色になる原因となります。水をあげすぎて根腐れしないように。アレカヤシの葉は、水分をとても必要とされるので霧吹きで水を噴き欠けるメンテナンスもすると良いです。

アレカヤシ 肥料肥料切れに注意(水はけの良い土と適量の土)土の配合割合は、小粒の赤玉土7:腐葉土3 の割合 市販の観葉植物の土でも良い。5 月から9 月にかけて月に一回程度、観葉植物用の置き肥をあげましょう。緩効性の肥料がお勧め。大きく育てたい場合はさらに10 日から15 日に一回程度、水で薄めた液体肥料を与えます。小さく育てたい場合は、たくさん肥料をあげる必要はありません。肥料をあげないことが原因でアレカヤシが枯れることはありませんのでご心配なく。ただしアレカヤシの葉の色つやが悪くなってきたら、それは肥料不足のサインです。その時は肥料を与えてあげて下さいね。

アレカヤシ 温度管理
原産地が熱帯生まれのため、寒さには弱い。10 度以上の環境が最適。乾燥や風にも弱いため、エアコン、暖房器具などの風が直接あたらないようにしましょう。

アレカヤシ 病害虫に強い
頑丈な植物のため、適切な水や肥料を与えれば健康に育ちます。乾燥したりして、害虫が葉につくこともあります。風通しの良い場所で発生しやすいので風通しの良い場所で育てると病害虫の予防になります。 アレカヤシに発生しやすい:ハダニ、カイガラムシ

アレカヤシ 植え替え時期
アレカヤシの植え替えの間隔は、二年に一回ほどが適切です。時期的には、生長期に入る5 月前後が適しています。鉢はそれまで使用していたサイズより一回り大きなサイズのものを選びましょう。アレカヤシはかなりの速さで成長します。あまり大きくしない場合は現状のものより一回り大き目を選びましょう。用意した鉢から、アレカヤシの株を取り出したら、古い土を取り払い、根を傷つけないように。軽石を鉢に置き、土をいれて、株を入れます。

植え替えや肥料の時期

観葉植物アレカヤシ セミスタンダードタイプ(バスケット付)観葉植物アレカヤシ スタンダードタイプ(バスケット付)
アレカヤシ豆知識
アレカヤシ豆知識観葉植物の中でもマイナスイオンを多く放出するアレカヤシ。さらにアレカヤシの葉は細長くてたくさん生えているので、風を受けると葉擦れの音が奏でられ、室内に心地よく響き渡ります。

有毒物質を含んでいないため、お子様や、犬、動物を飼っている方へも安心。風水では出会い運上昇に良い観葉植物といわれおります。マイナスイオンが出ているため、寝室などにも最適です。心身ともに癒となる観葉植物です。

観葉植物図鑑