商品一覧(観葉植物)

商品一覧トップへ戻る


観葉植物こちらは観葉植物の商品一覧ページです。

観葉植物は手入れが簡単で長期間楽しめることや、空間を手軽に彩ることができるため
個人や法人を問わず、多くの方に様々なシーンで利用されています。
また近年では空気清浄化・乾燥防止・ストレス緩和にも有効とされ、注目を浴びています。

お取引先への贈り物としてはもちろん、
オフィスでの利用、個人での観賞用にもご利用いただけます。
当店で観葉植物を購入いただいた場合、
鉢を覆うバスケットを無料でお付けしております。


また当店では観葉植物以外にも、胡蝶蘭を中心に各種フラワーギフトを取り扱っております。
目的別の人気商品をランキング形式で紹介するページもございますので、
お祝いに何を贈るか検討中の方は、是非あわせてご覧ください。

目的別人気商品ランキングページはこちら!

商品の種類

商品をご注文の場合は商品名をクリックして、各商品の詳細ページをご覧ください。
※商品の入荷状況は、各商品の詳細ページをご参照ください。

観葉植物パキラ(バスケット付)

緑色に近い幹と大きな葉が特徴の、観葉植物の定番です。
「発財樹」とも呼ばれ、商売繁盛を願う贈り物としても
大変縁起が良く、人気の商品です。

※画像は商品の一例です。


▲ このページの先頭へ戻る

観葉植物ポトス(バスケット付)

艶のある美しい葉が特徴の、観葉植物の定番品です。
ある程度日陰の環境でも育成可能で、タワー仕立てのため横に広がり過ぎず
屋内のグリーンインテリアとしてもご利用いただけます。

※画像は商品の一例です。


▲ このページの先頭へ戻る

観葉植物ユッカ(バスケット付)

太い幹からシャープな葉が伸びるように成長する様が特徴的なユッカです。
「青年の木」という愛称で呼ばれ、成長・発展の意味を込めて
開店・開業の贈り物としてもよく選ばれます。

※画像は商品の一例です。


▲ このページの先頭へ戻る

観葉植物オーガスタ(バスケット付)

存在感あふれる、だ円形の大きな葉が印象的なオーガスタ。
南国や熱帯を思わせる葉の形とボリュームが、
広いスペースに飾った時にも映える商品です。

※画像は商品の一例です。


▲ このページの先頭へ戻る

観葉植物幸福の木(バスケット付)

緑の葉に黄色のラインが入った、
「幸福の木」の名前の通り、幸せを願うギフトとして大変人気の商品です。
新築祝いや、結婚祝いの贈り物としてもよく選ばれます。
寒さや乾燥にあまり強くないため、室内での育成をおすすめいたします。

※画像は商品の一例です。


▲ このページの先頭へ戻る

観葉植物カポック(バスケット付)

寒さや乾燥にも比較的強く、育てやすさが人気の観葉植物です。
艶やかで丸みをおびた小振りの葉が、
どのような場所でも飾りやすく、根強い人気を誇ります。

※画像は商品の一例です。


▲ このページの先頭へ戻る

観葉植物ゴムの木(バスケット付)

大きく厚みのある葉が特徴の観葉植物です。
強い光を好みますが、丈夫で耐陰性も強いので、
年間を通して明るい室内で楽しむことができる観葉植物の定番商品です。
※画像は商品の一例です。


▲ このページの先頭へ戻る

観葉植物ベンジャミン(バスケット付)

白っぽい茎としなやかな枝葉がエレガントな観葉植物です。
葉は小さく、光沢があり爽やかで、陽光を好み強い光で良く育ちます。
年間を通して明るい室内で楽しむことができる観葉植物の定番商品です。
※画像は商品の一例です。


▲ このページの先頭へ戻る

観葉植物アレカヤシ(バスケット付)

黄緑色の葉が優雅に広がる観葉植物です。
幹に節があり、葉に黄色い柄があることから、和名ではコガネタケヤシと呼ばれています。
ヤシの仲間では最も葉の枚数が多く、優雅に広がるので間仕切りにもおすすめです。
※画像は商品の一例です。


▲ このページの先頭へ戻る

観葉植物カシワバゴム(バスケット付)

濃い緑色の大きな波打つ葉が特徴の観葉植物です。
柏の葉に葉の形がにていることから名付けられました。
風通しの良い日陰を好むため、室内での鑑賞にも向いています。
※画像は商品の一例です。


▲ このページの先頭へ戻る

観葉植物ジャマイカ(バスケット付)

濃い緑色に筋状に入った淡い黄色が特徴の観葉植物です。
半日陰を好みますので、年間を通して室内で楽しむことができる観葉植物の定番です。
※画像は商品の一例です。


▲ このページの先頭へ戻る

観葉植物サンデリアーナ(バスケット付)

爽やかな黄緑色の竹のようにも見える見た目が特徴の観葉植物です。
ミリオンバンブー、開運竹、富貴竹、万年竹など様々な名前で親しまれ、
幸せを運んでくれる観葉植物として人気があります。
※画像は商品の一例です。


▲ このページの先頭へ戻る