お祝い用ギフトとしての観葉植物

観葉植物

 各種お祝いにギフトとして観葉植物を贈ってみませんか?
 開店、開業祝いなど、大切な方への贈り物にとても喜ばれます!

観葉植物カテゴリへ

パキライメージ

こちらは観葉植物の紹介ページです。

観葉植物は室内の気温や明るさでも育つため、グリーンインテリアとして飾ることができます。
近年では空気清浄の効果も期待され、オフィスに飾る方も増えています。

また、観葉植物の緑がフレッシュで優しい印象を与えるため
開店や開業を始めとした、様々なお祝いの贈り物としてもおすすめです。

同じ品種でも幹や葉の形、色合いなどそれぞれに違いがあり、
見る角度によって植物の様々な表情が見えるのが観葉植物の醍醐味です。
きちんと手入れをすることで、とても長い期間お楽しみいただくことができます。

胡蝶蘭など、お祝い用のフラワーギフトでビジネス向け、個人向けともに
確かなサービスと品質でリピート利用をいただいている
当店が自信を持ってご案内する商品ばかりです。是非ご覧ください。

check各種お祝いのギフト用にぴったりの観葉植物を取り扱っております

グリーンインテリアの定番商品、丈夫で管理がしやすいポトスやユッカ、
“発財樹”と呼ばれるパキラ、幸運の木などは縁起が良く、商売繁盛を願う贈り物として
開店・開業祝いをはじめとするお祝い用にも人気の高い商品です。

当店では主に2種類のサイズの観葉植物を販売しています。
10号鉢が高さ160センチ程度、8号鉢が高さ100センチ程度と飾る場所に合わせたサイズをお選びいただけます。

※10号鉢をご注文の際はお届け希望の日から3営業日前までにお申込みをお願いいたします。
※観葉植物は、全国(沖縄、離島を除く)への配送を承ります。
※12月~3月末までの期間、下記の寒冷地への配送はいたしかねます。あらかじめご了承ください。
(北海道、青森、秋田、岩手、福島、山形、宮城、長野、新潟、福井、石川、富山)

観葉植物サイズ比較イメージ

観葉植物サイズ比較

▲ このページの先頭へ戻る

お祝いに喜ばれる観葉植物ギフト

各種お祝いの贈り物としても、観葉植物は大変喜ばれます。

開店・開業祝い

新しくお店を開店した方へのプレゼントに、
贈り先の方の好みや、お店の雰囲気が分かっていればお祝い用に観葉植物を贈るのも良いかもしれません。
花束や鉢植えのお花より長持ちするため、お店のインテリアとしても使うことが出来ます。
パキラやカポックなどは余り横幅を取らないため、飾るための広いスペースなども必要ありません。

開店・開業祝いに関するマナー集はこちら!

観葉植物のおすすめ商品はこちら!

移転・引越祝い

移転、引越した直後は室内を飾るものが少なく、寂しい印象になりがちです。
そんな時にグリーンインテリアとして観葉植物を飾ることで、室内の印象がぐっと明るくなります。
タワー型のポトスは十分な高さもあるため、入口からの目隠しに使う事もできます。

移転・引越祝いに関するマナー集はこちら!

観葉植物のおすすめ商品はこちら!

誕生日・出産祝い

出産祝いとしてお花の代わりに観葉植物のプレゼントもおすすめです。
花束、鉢植えのお花のように花粉が飛ぶ心配もなく赤ちゃんにも安心の贈り物です。

当店では、出産のお祝いにプレゼントする観葉植物として
これからの赤ちゃんの幸せを願って「幸福の木」、
すくすくとまっすぐ育つ事を願って「ユッカ」などをおすすめいたします!

誕生日・出産祝いに関するマナー集はこちら!

観葉植物のおすすめ商品はこちら!

▲ このページの先頭へ戻る

観葉植物の育て方

観葉植物の水やり

ひとくちに観葉植物と言ってもその種類は実に様々なものがあります。
観葉植物の水やりのタイミングは植物によって違いますが、一般的に土の表面を目安にします。

土を軽く摘んだ時にぱらぱらと乾いている、見た目で乾いて白くなっている状態の場合、
鉢底から水が出てくる位、多めに水をあげましょう。
ただし、常に土が湿っている状態や、鉢皿に水をため続けるのは好ましくありません。
根腐れや、カビ・羽虫の発生原因となります。

また、オフィスなど冷暖房を良く使う室内ではすぐに空気が乾燥します。
そのような場所で観葉植物を育てる場合は、霧吹きなどで葉水をあげるとよいでしょう。

機械的に決めた日や時間に水やりをするのではなく
空気や土の様子を見ながら世話をすることが、観葉植物を長持ちさせる秘訣です!

観葉植物の置き場所

観葉植物の多くは、直接日光が当たらなくても育ちます。
ただし、暗い部屋に置いたままにすると元気がなくなり、やがて枯れてしまいます。
可能であればカーテン越し、ブラインド越しに日が当たるような窓辺や明るめの日陰に飾ると良いでしょう。

また、空調の吹き出し口の正面は風が直接当たり、温度や湿度の変化が激しいため植物が痛む原因となります。
なるべく、空調の風が直接当たらない場所に置くようにしましょう。

観葉植物カテゴリへ

▲ このページの先頭へ戻る