ホーム>マナー集>6.設立・周年祝いのマナーとギフトの選び方

設立祝い・周年祝い

設立祝い周年祝いにまつわる贈り物の選び方やマナー、フラワーギフトに添える立札、メッセージカードの文例など
設立・周年祝い

  • 3本立て5本立て胡蝶蘭15000円
  • 3本立て5本立て胡蝶蘭30000円
  • 3本立て5本立て胡蝶蘭40000円

  • ばなー01
    • ミディ胡蝶蘭
    • 胡蝶蘭大輪3本立~5本立
    • 胡蝶蘭大輪3本立~5本立
    • 胡蝶蘭大輪3本立~5本
    • 胡蝶蘭大輪3本立~5本
    • 胡蝶蘭大輪3本立~5本
    • 胡蝶蘭大輪3本立~5本
    • 観葉植物
  • ばなー01

目次

設立・周年祝いとは?

1.設立・周年祝いとは?

設立・周年祝いを贈る目的

設立・周年祝いとは、設立・周年のお祝いのことです。創立日や設立日というのは言わば誕生日のようなもの。オープン以降、順調に営業を続けられているお店・企業にとっては大変に大切な記念日となります。

特に1周年、3周年、5周年、10周年、15周年といった節目の年は心を込めてお祝いを贈りましょう。
設立祝い・周年祝いを贈る目的は、大切な方々と今後も変わらぬお付き合いを重ねていくためのものでもあります。

でも、いざとなったら何を贈ったらいいだろう?いつまでに贈るべきなんだろう?お祝いの相場はいくらぐらい?と案外知らないことも多いはず。大切なお付き合いゆえに、失礼の無いようにお祝いしたいですよね。
このページでは設立祝いや周年祝いにまつわるマナーを紹介しています。

>>目次へ戻る

設立・周年祝いの金額

2.設立・周年祝いの金額

相場は平均2万円

創立記念や周年祝いのパーティーに招かれた場合は、お祝い品・お祝い金を贈ります。

取引先からの招待の場合、招待状には「お祝い金などの持参はお断りします」ということがあると思います。
その場合は、現金ではなく、胡蝶蘭をはじめとした、フラワーギフトを贈りましょう。

一般的な胡蝶蘭の市場では、3本立て~5本立てが植えられた、2万円~3万円の鉢が人気です。
※「死」「苦」に通じて縁起が悪いため、4本立て、9本立てはありません。

2万円~3万円の胡蝶蘭を見る

設立・周年祝いの場合、相場は平均20,000円です。
個人から贈る場合、部署・課などのグループから贈る場合などで多少異なります。
グループの場合は一人あたり 3,000~5,000円を目安に考えると良いでしょう。

・個人の場合・・・10,000円~15,000円
・グループで贈り物をする場合・・・20,000円~30,000円
・取引先の場合・・・10,000円~50,000円

ベイサイドフラワーでは用途に合わせたオススメ商品をご用意しております。

設立・周年祝いのお花を見る

>>目次へ戻る

設立・周年祝いを贈る時期

3.設立・周年祝いを贈る時期

記念日の1週間前~当日までに

設立・周年祝いに贈り物をする際、記念の式典やイベントがある場合は、開催前日までに届くように贈ります。
式典などが無い場合は設立日、記念日の1週間前~当日に贈ると良いでしょう。

また、周年祝い、設立祝い、創業記念のパーティーが明日だった!といったように、急にお花が必要となり、そんなときに限って花屋に行く時間もないっ…なんてことあると思います。エリア限定ですが、そんなお客様のご要望にお応えできるよう「当日・翌日お届け対応」商品をご準備いたしました。配送が可能な地域であれば、最短で当日中にお届けいたします。

【当日・翌日配送が可能な地域】
「東京23区内」「名古屋市内」「大阪市内」「福岡市内」「川崎市 (川崎区)」
「横浜市(鶴見区、港北区、都筑区、青葉区、神奈川区、保土ケ谷区、旭区、中区、西区、南区、港南区)」
※こちらの商品、時間指定はできません。

当日・翌日お届けのお花を見る

>>目次へ戻る

周年祝いは吉数年に

1周年、3周年、5周年、7周年などの縁起がよい数(吉数)の年に贈ると良いとされます。
その他にも10周年、20周年・・・などの大きな節目となる年にも、よくお花が贈られます。

さらに、伝統のある会社では10周年、20周年、はもちろんのこと、100周年をお祝いする場合も!
こういった大きな節目の場合は、式典や祝賀会などのパーティーが開催されることもあります。
この場合、式典や祝賀会のパーティー会場へ創立記念の祝花として胡蝶蘭など贈れば、相手先も喜んでいただけるはず。
大切な方へ心を込めてお祝いのお花を贈りましょう。

なお「死」「苦」に通じて縁起が悪いため、ふつう、4周年、9周年には触れません。
しかし最近では、迷信を気にせず、毎年お祝いする企業も増えています。
吉数年でない年は、相手先企業がお祝いムードかどうか、事前にリサーチしてから対応を決めましょう。

>>目次へ戻る

設立・周年祝いの選び方

4.設立・周年祝いの選び方

周年の数の本数のお花など

設立・周年祝いの贈り物にはお花、観葉植物、酒類などを贈るのが一般的。
お祝い事では縁起をかついだり、語呂合わせが好まれます。
お酒の場合は設立と同じ年号の物を、お花を贈る場合は、お祝いする周年に応じた本数のお花を贈る、という風習があります。

特に1周年、3周年、5周年、10周年、15周年といった節目の年は心を込めてお祝いを贈りましょう
贈り先の相手が親しい間柄であれば事前に希望を聞き、欲しいものを準備するのも良いでしょう。

本数は気にするべき?

「3本立て」「5本立て」「7本立て」となったらどれを選べばいいんだろう?そう思いませんか?
本数になにか由来があったり、何か意味があったりするわけではありませんが、バランスやボリュームはそれぞれ変わってきます。

バランスの美しさを求めるなら「3本立」
3本立はバランスもよく、美しい見た目が特長です。

豪華さやボリューム感を求めるなら「5本立以上」
お花が大きく見栄えが良いので、中でも特別な日を祝う場合に人気があります。

周年祝いで例を挙げると、5周年であれば5本立、10周年なら10本立、といった「節目の年数に沿ったお花を贈る」
そんな気の利いた贈り方をされている方も居ます。

周年に応じた本数のお花を選ぶ

定番は白い胡蝶蘭

植物を贈る場合は、その業界や地域に”根付く”という意味を込めて
鉢植えの花や植物を贈るのが良いとされます。
胡蝶蘭の花言葉、「幸福が飛んでくる」も商売繁盛、繁栄や発展につながり、
会社のスタートや節目の贈り物にとても向いています。

縁起の良い白い胡蝶蘭を選ぶ

先方のコーポレートカラーを意識する

周年祝いや設立祝い創業記念日の贈り物といえば、会社間でやり取りとなるため、
ラッピングやリボンの色を先方のコーポレートカラーやロゴのテーマカラーに合わせたり、
色付きの胡蝶蘭を贈ったりすると、記念という印象がぐっと増し、たくさんの贈り主の中で目立つこと間違いありません

好みのカラーで胡蝶蘭を選ぶ

インテリアにもなる観葉植物

観葉植物も周年祝いや設立祝い創業記念日の贈り物にも人気があります。手入れが簡単で、そのままおしゃれなインテリア品となるため、お届け先で長く飾っていただける可能性も期待できます。

なお最近では観葉植物を定番人気のバスケットに仕立てたタイプに加えて、スタイリッシュな陶器鉢に観葉植物を仕立てたタイプも人気があります。観葉植物は空気清浄の効果も期待されていることに加え、風水的にも縁起が良い植物とされており、邪気を吸収して気の巡りをよくするといわれるれ、上に伸びる植物は陽のエネルギー、下に伸びる植物は気持ちを落ち着かせると言われています。

おしゃれな観葉植物も見てみる

「赤」はNG

一方で、「赤字」を連想させる真紅の花や贈り物はタブーとされます。
胡蝶蘭を贈る場合も赤いラッピングは避けた方が良いでしょう。

特別な節目に贈る周年祝いや設立祝いに胡蝶蘭や観葉植物は大変人気なのです。
ベイサイドフラワーでは用途に合わせたオススメ商品をご用意しております。

設立・周年祝いのお花を見る


設立・周年祝いに添える立札

5.設立・周年祝いに添える立札

立札を付けるのがビジネスマナー

設立・周年祝いには、立札を立てましょう。
胡蝶蘭などのフラワーギフトを贈る際、特にビジネスシーンでは立札をつけるのが一般的です。

この立札には「胡蝶蘭やお花が誰から贈られたものなのか」示す役割があります。
せっかく、設立祝い・周年祝いのお花のなのに、立札がないと誰からのお祝いなのか分からなくなってしまいます。

立札の内容は、誰が贈り主かを一目で分かりやすく目立たせるために「お祝いの文言+贈り主名」の形で贈ることがほとんどです。
10年や100年など、大きな節目となる周年祝いでは、その企業が継続している年数をお祝いの文言に入れるのも良いでしょう。

なお、立札に記載する文言例としては、「祝 設立〇〇周年」「祝 〇〇周年」「祝 創立〇〇周年」「創立〇〇年御祝」などがあります。

表書きの記載例

」「御祝・・・どのようなお祝いにもお使いいただけます。
祝○周年・・・設立記念日、節目のお祝いに贈る場合
祝御設立」「祝御設立○周年」「設立○周年御祝・・・設立祝い、設立の周年祝いに贈る場合
祝御創立」「御創立御祝」「祝御創立○周年・・・創立祝い、創立の周年祝いに贈る場合

祝十周年 山田商事株式会社 代表取締役  山田 太郎
御設立御祝 山田商事株式会社 代表取締役  山田 太郎

(イメージ)
設立・周年祝い立札イメージ
※文字レイアウトの一例です。実際の立札ではイメージと異なる場合がございます。

立札無料サービス

ベイサイドフラワーでは、無料で立札をお付けいたします。
※詳しくは、付属品について(立札・メッセージカード)のページをご覧ください。

>>目次へ戻る

6.設立・周年祝いに添えるメッセージカード

親しい方にはメッセージカードを


フラワーギフトにメッセージカードを添えてお贈りすることも可能です。
立札と比べて、自分の言葉でお祝いの気持ちを伝えやすく、親しい方への贈り物に向いています。

友人や兄弟、家族などの親しい方への周年祝い、設立祝いの場合、メッセージカードを選択される方も多数いらっしゃいます。
ならびに、そのような間柄の方への贈り物に添えるメッセージカードの場合は、多少くだけた表現でも構いません。

何年も頑張って周年祝いや設立祝いを迎える方へ、より気持ちのこもったお祝いとして喜ばれます。

メッセージの禁句・注意点

・「厳しい経済情勢ですが・・・」などの否定的な表現は避けましょう。
・倒れる、潰れる、詰まる、かたむく、閉じる、流れるなどの言葉はタブー(倒産や、先が続かないことを連想させる)
・赤、紅、燃える、焼けるなどの言葉はタブー(赤字、火事を連想させる)

メッセージ文例集

当店のメッセージカードは名刺大よりやや横長サイズです。

ご希望に応じて100文字超印字することもできますが、
文字が小さく読みにくくなる場合があります。
あらかじめご了承ください。

50文字前後の文字数ですとバランス良くおさまります。

  • 新会社の設立、誠におめでとうございます。貴社の益々のご活躍とご発展を心からお祈りいたします。(45文字)
  • ご設立おめでとうございます。長年の夢がようやく叶いましたね。貴社の限りないご発展を祈念いたします。(49文字)
  • 創立10周年おめでとうございます!地元で愛されるお店として、ますます商売が繁盛するように応援しています!(52文字)

(イメージ)
設立・周年祝いメッセージカードイメージ
※文字レイアウトの一例です。実際のメッセージカードではイメージと異なる場合がございます。

メッセージカード無料サービス

ベイサイドフラワーでは、フラワーギフトに無料でメッセージカードをお付けいたします。
※詳しくは、付属品について(立札・メッセージカード)のページをご覧ください。

>>目次へ戻る

設立・周年祝いのフラワーギフトストーリー

7.*Flower Gift Story*

設立・周年祝いのフラワーギフトストーリー

※横浜市在住・会社経営のTさんからお寄せいただいた体験談です。

30周年記念式典への招待

いつも懇意にしている大切なお取引先から「30周年記念式典」への招待状が届きました。ビジネス上でも大変お世話になっており周年のお祝いには是非出席したいと考え、早速参加の返信をしました。

お祝い金の辞退×

周年記念式典の内容は都内有名ホテルでの式典と懇親会というもの。お取引先からの招待ということで招待状には「お祝い金などの持参はお断りします」という趣旨の文言が添えられていました。
それでも、長期にわたって良好な関係でお取引を継続してきた感謝の気持ちをなんとか形にしたいという気持ちになり、華やかな雰囲気になるであろう当日の会場の雰囲気を盛り上げるお手伝いもできるのではということからフラワーギフトのお届けを考えました。

定番の白い胡蝶蘭◎

フラワーギフトの中でも、特にお祝いに向いている胡蝶蘭が良いと思いお祝いの定番である「胡蝶蘭白大輪3本立て」にすることにしました。
ホテル内はやや照明が暗く、小振りな花だとやや華やかさに欠ける印象になってしまうこともありますし、どのような照明環境の中でもしっかりと存在感を発揮してくれる白の大輪が良いと判断しました。

特別感の演出…化粧蘭

さらに今回は、「特別感」をなんとか演出できないかと考えていたところ、「化粧蘭」という選択肢に出会いました。
これは特別な技術で白の胡蝶蘭の花びらにパウダーでお化粧を施すというものです。
季節感も演出した方が良いと思い、まさにこれから盛夏という時節に合わせて「花火と金魚」の絵柄を選びました。
カラフルな花火と金魚の絵柄が胡蝶蘭に加わり周年祝いという特別なイベントにまさにぴったりだと感じました。

式典後の転送サービス

配送にかかる準備は通常の胡蝶蘭に比べて長めで約1週間ほど。当日の周年記念式典に必ず間に合うように余裕をもって半月ほど前に手配しました。
さらに、手配したお店からアドバイスを頂き、周年記念式典の後にお取引先の事務所に転送するサービスも申し込みました。
ホテル経由でのフラワーギフトの手配であればホテル側が配慮して式典後の転送に応じてくれるようですが、独自の商品を手配した場合には確かに、式典後に「お花をどうすればいいのか」ということで、せっかくのお祝い品が逆にお取引先の手を煩わせることになってしまいかねません。
万全を期して、「式典後の転送」も追加で手配しました。

フラワーギフトを選んで本当に良かった!


30周年記念式典の当日、果たしてどうなっているかなと少々不安な気持ちも感じながら会場に到着したところ、何と受付の一番目立つ位置に展示していただいておりました。
更に受付を済ませて会場に入る際、お取引の代表者の方から「頂いたお花、反響がすごいですよ。ありがとうございます。」と先方から真っ先に声をかけていただきました。
この瞬間、フラワーギフトを思いついて本当に良かった、と感じることができました。

胡蝶蘭で広がるビジネスチャンス


周年式典後の懇親会でも、他の参加者の方から弊社が贈った胡蝶蘭の話題が出ましたので、いろいろな方に見ていただいたようでした。
後日、お取引先の事務所への転送も滞りなく行われたようで安心しました。
お取引先の周年祝いとして、印象に残る贈り物になったと思いますし、今後より一層の関係を築くのに一役買ってくれたと思っています。


設立・周年祝い
ベイサイドフラワーでは、
設立・周年祝いに胡蝶蘭を贈られたお客様の体験談を募集しています。

どんな時に贈った、こんな点に気を付けた、胡蝶蘭を贈って良かった、
そんな、あなただけのフラワーギフトストーリーをお待ちしています。

※詳しくは、お問い合わせのページからお問い合わせください。

>>目次へ戻る