株主総会にお花を贈る時に気になる5つのこと

6月は株主総会が集中する時期です。

6月は株主総会が集中する時期です。
株主総会には毎年たくさんの胡蝶蘭が贈られます。

株主総会に胡蝶蘭
 
主総会の開会をお祝いしての意味もありますが、総会の中で発表される昇進や就任に向けて
お祝いするという意味で「胡蝶蘭」を贈呈する文化が定着しました。

ならびに、取引先の業績好調や発展を願って贈る場合もあります。

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」
まさに、昇進や就任、企業様の発展を願って贈るには最高の花言葉を持つお祝い花なのです。

お花を贈る時に気になる5つのこと

1.お届け日
株主総会の前日がベスト。遅れた場合は一日でも早く届くよう手配しましょう

2.予算の目安
取引先との関係性により、ご予算が変化します。

一般的な相場 3万円程度
業績の良い企業へ 5万円程度
重要な取引先 10万円程度

3.どの胡蝶蘭をおくるべき?
花の色は白が人気があります。どのようなシーンにも安心して贈ることができるため最もよく選ばれる色。

白い胡蝶蘭を選ぶなら

胡蝶蘭大輪2本立
胡蝶蘭大輪白 2本立

横幅が比較的コンパクトなサイズ。贈り先のスペースが限られている場合でも安心

胡蝶蘭大輪3本立
胡蝶蘭大輪白 3本立

お祝い胡蝶蘭で最もよく贈られる人気の3本立。バランスもよく美しい見た目が特長

胡蝶蘭大輪5本立
大輪5本立

お花が大きく見栄えが良いため、大切なお取引先や特別なお祝い事などにおすすめ

胡蝶蘭大輪6本立以上
大輪6本立以上

7本立、10本立てといった最高級のお花を贈りたいといった場合に、大変人気

4.立札には何を記載するのか
贈り主のお名前を大きく記載しましょう。
立札に「誰から贈られた花なのか」示す役割があります。
誰が贈呈した花なのかわからないと、相手方もお礼ができませんよね。
必ず贈り主の名前を入れるようにしてください。
 
 
5.早期ご注文は10日以上前がベスト
株主総会などの多くの方がご注文を検討される場合、注文が集中します。
お花は生物なので、数に限りがあります。
早期ご注文いただければ、それだけ確実にご用意できますので早めのご注文をご検討ください。

コメントは受け付けていません。